読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮いたり沈んだり

最近、強烈にやりたいことがあって、道具を買い集めているところなのだけど、ある商品(入金済)が届きません。ある商品というのは、ロウ原紙という謄写版なんかに使うものなのだけど、ほかで注文しようにも、あとは一枚500円10枚単位という(怪しい?)お店…

逆立ちしてます

お蔭さまで、こどもたちの風邪やら溶連菌やらは収束しつつあるのだけど、それとは別に考えごとをしたり妄想したりで地味に睡眠不足と肩こりが続いていて、精神統一と肩こり解消のために逆立ちしてます。逆立ちと言っても壁倒立ですが。こどもたちがいない時…

わたしは なにを つなごう

先日、次女と学童的なところへ長女を迎えに行って、いつもとちょっと違う道を通って帰ったら、通り道のおうちの方が窓からわたしたちを見かけて追ってきてくれて、こどもたちにお菓子をいただくということがありました。滅多に会わない方なのだけど、気にか…

自分のために生きること

気がつけば、平日の昼間はこどもたちが家にいないのが当たり前になって、たまにいつもいない時間帯に一緒にいると「ああ、この子がいるから生きられる」「家族がいるから生きられる」という気持ちがふつふつと湧いてきたりします。それは、ほとんど「こども…

熱気球操縦士になりたかった

佐賀熱気球世界選手権のニュースで、20代半ばころ、熱気球操縦士になりたかったことを思い出しました。純粋に熱気球を操縦したかったというよりは、俗世間から離れたい、それこそ美瑛のようなところに移住して、自給自足しながら、時々、熱気球の係留フライ…

2年ぶりの実り

数年前、父の手によってお世辞にも陽当たりがいいとは言えない玄関先に植えられた、みかんの木。 一昨年は実をつけたものの、昨年はひとつの花もつけなかったのに、今年はこの通り。いい年(とき)もあれば、よくない年(とき)もあるということを、身を持っ…

配偶者をどう呼ぶか問題

配偶者とお互いにどう呼びあうかではなくて、よその人の前で自分の配偶者をどう呼ぶか。 うちでは「パパ」とか名前で「○○ちゃん」と呼んでますが、よその人の前で何と呼んだらいいのか、よくわかりません。実生活では、ほとんど外出しないので、よその人と会…

父の日と手話

先日、次女の幼稚園の保育参観で、父の日に贈るプレゼントを一緒に作ったのだけど、次女が主人に書いたメッセージが、 パパ ありがとう おとうさん だいすき 父親が二人いるみたいな書き方をして、先生ドキドキさせていないかちょっと心配なそぞろです。こん…

プロのお母さん

次女の幼稚園の「親睦会」(学期毎に保育中に行われるクラス規模の母親たちの集まり)を欠席して精米するそぞろです。こんにちは。長女の時に第一回の親睦会に一度だけ出席したことがあるのだけど、それ以降、一度も出席していない…出席率の高さから考えると…

めちゃくちゃ飛ぶ紙ヒコーキ、折ってます。

こんにちは、紙ヒコーキおばさんだよ。 実家でおりがみばっかりしています。以前、母が何を思ったか「ヒコーキおりがみ」なるものを買ってきて、そのままになっていたのを折りました。 よく飛ぶ! ヒコーキ おりがみposted with カエレバ トーヨー Amazonで…

高田純次さんみたいになりたい

Mr.適当男こと高田純次さんが「若大将のゆうゆう散歩」の後継番組の出演者に決まったというニュースで思い出したのですが、高田純次さんは、後輩に「説教」「自慢話」「昔話(思い出話)」をしないようにしているそう。「人生が変わる1分間の深イイ話」や「…

実家からお持ち帰り | 自在曲線定規ほか

実家に帰っています。 実家に置きっぱなしだった自在曲線定規が針仕事の際に役立ちそうなので持って帰ろうと思って、わたしの引き出しを整理しました。 そして、これだけ持って帰ることに。定規、ペンいろいろ、祖父の形見分けで貰ったコンパス(右端)。 ※ …

ちょっとした楽しみ 2015 夏

夏と言えば、怪談や幽霊も怖いかもしれないけれど、本当に怖いのは生身の人間だと思う。わたしは、夏になると戦争を連想させる本当に些細な情報をきっかけに、戦争と平和、命について、止めどなく思いを巡らせて悶々してしまい、暑さも相まって色々と手が付…

人間関係の断捨離? | 依存と自立

小児科医で障害者という立場から当事者研究を行っている熊谷晋一郎さんの話。 自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと 薄く広く、そして、細く、網の目のように、たくさんの依存できる選択肢を持つことで、依存していないと錯覚している状…

ターバン野口がお守り

お財布は長財布になりましたが、その中に入っているお守りがこれ。 お金を「お金さん」と呼ぶ松浦弥太郎さん曰く、折りたたまれることを一番嫌う「お札さん」があられもない姿に…主人のお母さんに「ターバン野口」全盛期にいただいたものです。 でもこれ、ふ…

今年の夏は○○を買いま宣言!

人と接するのが怖いので美容院のように知らない人と会話しなくてはいけないような場所へは、全力で行きたくない(!)わたしが宣言します。 今年の夏は、服を買いません!つ く り ま す!! どこまでできるかわからないけれど、できるかぎりショップ店員と…

わたしの5つの強み | VIA-ISをやってみた

先月末に注文した、おいしいと噂の非常食、ボローニャのパンの缶詰「缶deボローニャ」プレーン。 sozorog.hatenablog.com とっくに届いているのだけど、きっとどうせ賞味期限が近づいたら食べるのだから、いま開けなくてもいいのではないかという考えがよぎ…

ライターのもうひとつの使い方

意外?ふつう?今回は、ライターのもうひとつの使い方を紹介します。 写真は茶碗蒸しですが、プリンなど、器に注いだ卵液の上に残った気泡を消すのに使います。ライターの火の熱で気泡の中の空気を膨張させて割るという方法です。いい器では、やらないでくだ…

アイロンのもうひとつの使い方

我が家では、こどもたちが見通しを持って行動できるように絵カードを使っています。 この絵カードをラミネート加工をするのに使っているのがアイロンです。今回は、アイロンのもうひとつの使い方、アイロンでラミネートする方法を紹介します。カードとラミネ…

憧れの宇宙人 | 持たない暮らしとメルマック星人

「もう何も要らない」ビッグウェーブが来るたび、思い出す宇宙人がいます。アメリカのドラマ「アルフ」に出てくる、メルマック星人アルフです。「アルフ」は、むかしNHK教育テレビ(Eテレ)で放送されていて、その後、キャラクターだけ一人歩きしてグッズが…

2015年の恵方は西南西 | うちの節分

関東の人間なので節分に太巻きを食べる習慣ないはずなのだけど、日曜日の夜、急に主人が「恵方巻するの?」とか言い出しちゃったので、主人が残業せずに帰ってくる日だった、きのう、恵方巻いて家族で食べました。 ハーフサイズで量産。 こどもたちはきゅう…

2015年 お年玉で買ったモノ

毎年、主人のお母さんがわたしにお年玉をくれます。いつもありがたいです。 今年は、そのお年玉で、主人の実家近くにあって自宅近くにない、大型ホームセンター「カインズ」のオリジナル商品(小麦粉の容器を除く)をまとめ買いしました。 システムキッチン…

2015年 新春たなくじと抱負など

2015年 新春たなくじは、「身近な人を大切にすると大吉」でした。(帰宅しました。) 身近な人=家族。と、自分も? 2015年 抱負 身近な人を大切にする 短期的な家計管理を軌道にのせる 以上。 「身近な人を大切にする」は、たなくじそのまま。一層、心掛け…

カバーはらくがき帳 | 文庫本の汚れ防止

A3サイズの紙があれば、本屋さんでかけてくれるようなブックカバー(B5まで)が作れます。インターネット上には、ダウンロードして使える素敵なブックカバーもたくさんあります。…が、あくまで簡易的な方法なのだけど、わたしは文庫本(B6判)の汚れ防止に無…

寝正月とおいしいコーヒーの飲み方

明けましておめでとうございます。我が家は、年明けはわたしの実家で迎え、元日は主人の実家で過ごすというのが恒例です。道中、北関東にしかない「ロマンチック街道」でお昼ごはんもここ数年恒例となっています。 昨年まで元旦にはサービスでゼリーが付いた…

かわいい?かわいくない? | ツぺラ ツぺラ

10月に新しくなったくもんのドリル。表紙とシールがtupera tupera(ツぺラ ツぺラ)。 こどもたちには、Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」、絵本の「やさいさん」「くだものさん」シリーズや「しろくまのパンツ」など、名前は知らずともすっかりお…

募金がおもしろい | くるくるコイン

前回、鉛筆を寄付するのは難しいという話を書きましたが、最近した募金がおもしろかったので、今回はそんなこんなおもしろい募金の話。「くるくるコイン」という思わず募金したくなるユニークな募金箱があるのはご存知でしょうか。 (※ 2015年1月19日 写真を…

鉛筆を寄付するのは難しい

何かと貰うことが多い文房具。海外途上国などで役立ててもらえたらと思うのだけど、調べてみると意外とそう気軽に行えるものではなく、結局、増やさないように気を付けながら最小限のストックとして手元に残すことにしました。 キャラクター鉛筆数本とこうい…

たなくじ たなくじ

0655の月曜恒例・爆笑問題 田中さんによるおみくじ、「たなくじ」でついに… 「太田吉」を引いた。 知らない人には、なんのこっちゃだと思いますが、この「太田吉」、なんと大吉の約17倍に相当するのです。すごいでしょ。なんだか落ち込んでいたのだけど、い…

「モノを持つ」ということ

元気がない時、疲れている時、物欲が著しく減少するのを感じます。モノに意識を向けることがストレスになり疲れてしまうというか…。思うに、「モノを持つ」ということには、それなりにエネルギーが必要なのではないでしょうか。元気がない時、疲れている時、…

最近知ったこと | マッシュルームの傘とあさりの砂抜き

もしかしたら、わたしが知らなかっただけで、知っていて当たり前のことなのかもしれないけれど、タイトル通り最近知ったことなど。 マッシュルームの傘について 最近、生まれてはじめて「生のマッシュルーム」を購入したのだけど、いざ使おうと思ったら、傘…