毎日の食パン | うちの食パン レシピ

2日に1回、食パンを焼いています。

ホームベーカリーを持っているけれど、使うのは「パン生地コース」のみ。全行程をお任せだと、夏場、うまく焼けないことから、紆余曲折を経て、季節を問わず、このスタイルになりました。暖かい季節には手捏ねもしますが、ホームベーカリーの方が上手です。


うちの食パン


というわけで、今回は、いろいろなレシピを参考にアレンジした、うちの食パンの作り方。

材料

  • 強力粉 250g
  • 薄力粉 50g
  • 砂糖 15g
  • 塩 4g
  • ドライイースト 3g
  • 有塩バター 15g
  • 牛乳 60ml
  • 水 150ml


捏ね~発酵

一次発酵まではホームベーカリーにやってもらいます。

分割してベンチタイムをとり、成形して型に入れてラップをかけます。あとは、型の高さまで膨らむまで、季節を問わず室温で放置。型の高さまで膨らんだらラップを外してオーブンレンジの中で発酵。湿度を上げるために、お湯を入れたマグカップを一緒に入れたりします。冬場はここで発酵機能(40℃)を使って生地の温度を上げておくと焼成がうまくいく感じがします。

焼成

ハイブリットオーブン(予熱なし)なら、140℃で5分、160℃で5分、180℃で20分くらい。
ふつうのオーブンだったら、180℃(予熱あり)で30分。

材料の解説

強力粉だけで作るより軽い感じになるのと、なんとなく節約も兼ねて、なかなか使い切れずに困っていた薄力粉をブレンドしています。
無塩バターは、時期によって売り切れることがあり、うちではケーキやパン以外にはほとんど使うことがないので、手に入れやすく安価な「有塩」のバターを使っています。何キロも作るパン屋さんならともかく、家庭で作るくらいの量なら有塩バターで大丈夫。
スキムミルクは、保存もきいて低コストだけれど、他に使い道がないので冷蔵庫にいつもある牛乳を使っています。

最後に

どんな料理でも暮らしに合った材料の選び方や作り方を見つければ、ごはんを炊くように…とまではいかなくても、当たり前に作ることができるようになるのではないかなと思います。

なので、これは、うちの食パンの作り方です。ご参考までに。