読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金の不安を解決(したい)

きのうは、数日ぶりに午前中から暖かかったので、ちょっとした用事を済ませながら、お散歩をすれば軽く散財。発売された時に気になっていた「かぞくのじかん vol.29」、まだ書店にありました。


かぞくのじかん vol.29


家計特集。当然、主婦之友社なので、家計簿と言えば「羽仁もと子案 家計簿」です。

いま、家計簿は「Zaim」というアプリでつけてはいるのだけど、本当の意味で家計を把握できてはいない状態だと思っています。
家計簿で、重要なポイントでありながら難しいのは、「費目の分け方」と「予算の立て方」かなと思うのだけど、予算を立てて残高を管理する「羽仁もと子案 家計簿」を知ればクリアになるのかもと、実は、ずっと気になっていました。「続きはWebで」ではないけれど、「続きは家計簿で」という、結局、本当に知りたいことは家計簿を買わないとわからないという、オチがついているのかなと思ったのだけど、十分な内容でした。

この家計簿は費目の分け方が特徴的で、「通信費」という費目がなく、電話代が「住居・家具費」というのは、ちょっと戸惑う人も多いのではないかなと思うのだけれど、なるほどと思う点も多く、「通信費」は追々考えるとして、Zaimのカテゴリ(費目)を「羽仁もと子案 家計簿」仕様に可能な範囲でカスタマイズして家計簿をつけてみることにしました。

今まで見えなかった何かが、見えてきそうな予感。


ところで、「一日にとりたい食品の目安の量」を知ることから、1カ月の食費を計算して予算を立てるいうのは、衝撃だったのだけど、どうして今まで誰もおしてくれなかったんだろう。もっと知りたいと思ったら、次号は「予算の立て方」だそうで…。


羽仁もと子案 家計簿を無料で体験してみたい方は、ホームページからパソコン用ソフトのお試し版(3カ月)がダウンロードできます。(※ Macは未対応です。)

生活家計簿ソフト3.0