読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セントジェームス × リバティ

暮らしぶり 暮らしぶり-ワードローブ

そんなこんなで、ボーダーシャツの襟ぐりのリフォームが完了。


セントジェームス × リバティ


ほら、セントジェームスのタグがなかったら、もともとそういうボーダーシャツだったみたいに…なった?

今回使ったリフォームの材料

リバティプリントのバイアステープ 60cm

わたし(素人)のリフォームの仕方

STEP1 襟ぐりのほつれた縫い糸を全部ほごす。

タグが残るけれど、縫い糸をほごして外します。

セントジェームス × リバティ
 

STEP2 バイアステープをしつけもせず勢いで縫い付ける。

ボーダーシャツの表にバイアステープを裏返してのせます。出来上がり線に沿って縫い付けていきます。

セントジェームス × リバティ

STEP3 やっぱりしつけをしておっかなびっくり縫い付ける。

バイアステープを裏に折り返して縫い付けます。バイアステープの幅が少し広かったので内側に折り込んで調整しました。タグは、この段階で一緒に縫い付けます。

セントジェームス × リバティ

STEP4 ダブルステッチ(?)は諦めて出来上がり。

元のようにダブルステッチ(?)にしたかったけれど、失敗が怖かったのでやめました。

セントジェームス × リバティ


かかった費用と感想

糸は家にある物を使ったので、今回かかった費用はバイアステープ192円(税込)+送料(メール便)80円=272円のみだけど、全額ポイントで支払ったので感覚的には0円みたいなものでした。

もし洋服リフォームのお店にお願いしたらズボンの裾上げだけで800円からするので、下手するとプチプラのボーダーシャツが買えるくらいの出費になっていたのではないかなと思います。

セントジェームスの縫い糸ほつれにお困りで、自分でなんとかできないかなあーとお思いの方、以上、ご参考までに。