味覇と味玉の原材料の違いなどを調べてみた

※ 2015年2月16日当時の情報です。味覇は、2015年4月から製造メーカーを変更して販売を継続、従来の味覇と同一レシピで作られているのは「創味シャンタンDX」のようですので、参考までにしてください。


うちのチャーハンに欠かせない調味料「味覇(ウェイパー)」。


sozorog.hatenablog.com


ずっと気になっていたので、タイトルの通り「味覇(ウェイパァー)」と「味玉(ウェイユー)」の原材料の違いなどを調べてみました。


廣記 味覇 (ウェイパー) 500g

廣記 味覇 (ウェイパー) 500g
価格:1,008円(税込、送料別)

味覇(ウェイパー)
廣記商行
原材料:食塩、動植物油脂、鶏エキス、豚エキス、野菜エキス、砂糖、乳糖、小麦粉、香辛料(ホワイトペッパー)、調味料(アミノ酸等)


商品展開:250g、500g、1kg

ユウキ 味王(ウェイユー) 150g

ユウキ 味玉(ウェイユー) 150g
価格:378円(税込、送料別)

味玉(ウェイユー)
ユウキ食品
原材料:食塩、動植物油脂、鶏エキス、豚エキス、野菜エキス、澱粉分解物、香辛料、調味料(アミノ酸等)


商品展開:150g、300g


原材料の違い

味覇には砂糖が入っていますが、調整成分以外は、ほとんど違いなさそうです。実際に、香りは少し違うけれど、味は味玉の方が若干マイルドかなというくらいでほとんど変わらないように思います。

商品展開の違い

味覇の方が全体的に大容量。1kgってもう業務用ですよね。どちらも調味料としては高価だと思うので、味玉の方が量的にも価格的にも購入しやすいかなと思います。最近、味覇に125gチューブ入りというのが仲間入りしたのだけど、それでも希望小売価格は味玉の方がお手頃。

その他

味玉の方は、化学調味料無添加のものもあるようなので、気になる人はやっぱり味玉だと思います。タモリさんも化学調味料無添加の使っているのかな。

味覇は、過去にピンクリボン運動の応援商品としてピンク色の限定パッケージを販売していて、社会貢献活動に興味のある人は、そういう機会に味覇というのもアリかもしれません。

結論

わたしとしては、味覇と味玉をわざわざ使い分ける余地はないというのが結論。どちらか片方あれば、OK。

それで、どちらがいいかというと、商品展開だったり化学調味料のことを除くとほとんど違いがないので、あとは「好み」しかないのかな…もし、実際に両方とも使ってみて、「俺は、断然、味覇派だぜ!」とか「あたいは、味玉派だね!」という人がいたら、是非、意見を聞かせてください。

ただ、中華練り調味料があるのとないのでは、中華料理の完成度が歴然と変わりますので、使ったことがない人は、一度、試してみて欲しいなと思います。



以上です。