なかしましほさんのシフォンケーキ 2015

きょうは、無謀にも工程写真を撮りながら、こどもたちと一緒にシフォンケーキをつくりました。


シフォンケーキの材料


準備。作業効率優先でミニ計量カップが2つ…「持たない暮らし」にあこがれる人間がミニ計量カップ2つ…。


sozorog.hatenablog.com


しかし、こんな材料だけ(あと卵)でできるのだから、シフォンケーキはすごい。ハリーさん(シフォンケーキを発明した人)に感謝しながら、今回も全卵使用でベーキングパウダーを加えない、なかしましほさんのレシピでいきます。


www.1101.com


ますます無謀でしょうか…まあ、いきましょう。


卵黄生地をつくる


まず、卵黄生地をつくります。ビーターで、わー


薄力粉をふるい入れる


油と牛乳を加えて混ぜたら、薄力粉をふるい…あああ…こぼれ…て…ますけど、まあ…まあ、オッケー!いいよいいよ!上手です!(褒めて伸ばしたい。)


混ぜる


混ぜろー。ぐーるぐーる。これだけ見ると、ホットケーキでもつくっているみたい…大丈夫かな。


卵白生地をつくる


気を取り直して、卵白生地をつくります。今度はバルーンウィスクで、わー

別立ての時はビーターとウィスク両方あるとやっぱり便利で、道具の数の多少よりも作業効率を優先しちゃうあたり「持たない暮らし」向いていないなと思うのだけど、シフォンケーキの生地づくり(特にメレンゲ)は時間との闘いだから…ね。

ちなみに、うちのハンドミキサーはパワーに定評のある、Cuisinart(クイジナート)のスマートパワーハンドミキサー HTM-5J。これのおかげで、どうにかこうにかケーキつくってます。


つの


メレンゲのかわいい「つの」がピン!

メレンゲを作る時、砂糖を数回に分けて加えると思うのだけど、その都度、つのがピンと立つまで泡立てるとしっかりしたメレンゲになるそうなので、わたしは少なくとも最後の砂糖を加える前には「つのピン」(略してみた)にしています。なんとなくですけど…。


卵黄生地と卵白生地を混ぜる


卵黄生地と卵白生地を混ぜます。この画がおいしそうだなと思うのはわたしだけでしょうか。


焼成


焼成です、なう。膨らみ過ぎて怖い。焼き縮みませんように…!


シフォンケーキ 完成


やっぱり少し…まあまあ縮んだけど、なんとかできた(ということにする)ー!


8回目の結婚記念日ありがとー!!これからもよろしく。



うちのシフォンケーキ型は、これ。貝印のアルミ製。直径18cmでなかしましほさんの型より1cmビッグ。