読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の調子が悪い時は「やりたいこと」こそ潔く休む

風邪をぶり返して、疲労も回復しないまま一週間、三連休も行事、両親来宅、所用いろいろで休息日なし…平日、束の間のひとりの時間は、最低限の家事とやることやったらぶっ倒れてましたが、こどもたち帰宅後は5分と休憩も自由時間もいただけないなどで、イライラして、ワーってなって、久々に泣いたそぞろです。こんばんは。


お行儀ラップエプロン


写真はやることの一例、次女の幼稚園の母親たち主催のクリスマス会(がんばって参加します)の飾りづくり。


でも、これじゃいけないと思って、おととい「いつもの最低限の家事とやることやったら、”やりたいこと”全部休んで、こどもたちに付き合う!」と決めました。すると、不思議と身体はヘトヘトなのに次女のお迎え後、長女の下校まで間に公園で遊ぶなどの気持ち的な余裕まで生まれ、それらを見て癒されたりなんかして、今までのイライラは何だったのかと…反省しきりです。

思い返すと、体の調子が悪い時は「やりたいこと」やっても思うようにできないなどで、かえってイライラを募らせることが往々にしてありました。そして、今回の一件で、いつもやっている最低限のことだけやったら「やりたいこと」こそ潔く休んで考えない方が気持ち的な余裕が生まれて、精神的な疲労から早く解放されることもあるということに気が付いたのでした。(あくまでわたしの場合ですが…)

もっと早く気付きたかった!というか、気付け…!今までごめんよ、こどもたち!これからはそうしよう、そうする、そうするよー!!


そんなわけで、ほぼ毎日更新のブログもこの先…1週間くらい?ぽつりぽつり更新になるかもしれませんが、安心してください、生きてますよ。ということで、いま、こどもたちが昼寝をしている隙に書いてます。長女は、めったにしない昼寝をすると泣いて起きて面倒くさいことこの上ない(起きぐずり…?)のだけど、今なら大丈夫、どーんとこい。