わたしたちを雪遊びに連れてって(前編)

そんなこんなで、週末は雪遊びに出掛けました。


キャスターバッグ


いつ買ったのか、なんなら、いつ使っていたかも覚えていないのだけど、たぶん独身時代ひとりでスノーボードに行っていた頃に使っていたんだと思う、キャスターバッグ。実家に眠っていたのを数年前に両親が発見して、帰省した際に自宅に持ち帰りました。

雪遊びはこのバッグに、わたしのブーツ、わたしとこどもたちのウエア、着替え、その他の持ち物を詰めて、転がして行きます。去年より次女のオムツがなくなった分、荷物は少ないけれど、こどもたちのパジャマは主人のバッグに入れさせてもらいました。


軽井沢プリンスショッピングプラザ


今年も軽井沢方面へ。朝9時頃に自宅を出発してSAで早めの昼食をとって12時過ぎに碓氷軽井沢IC到着。いつも激混みの軽井沢・プリンスショッピングプラザがなぜか空いていたので、寄り道。

今年は、この辺は全く雪がないどころか、風がなければ上着も要らないくらいの暖かさ。写真奥に山(スキー場?)が見えるけれど、雪もまばらで、一泊して翌朝雪遊びに行く予定なのだけど、ちょっと心配になるくらいの感じです。


晴れた空のテラス


主人がグローブがないかも(”かも”ってなんじゃい…)と言うのでスポーツウェアのお店を見たり、シルバニアファミリーのお店を見たり、普通に洋服や雑貨のお店を見たり、なんやかんやあって、貸し切り状態の晴れテラでお茶。


晴れた空のテラス


本当にわたしたち以外お客さんが誰ひとりいなくて、それはそれで心配になりつつ、プチパフェもコーヒーもおいしかったです。


ルートイン


ぼちぼちホテルにチェックイン。今回はビジネスホテルにしました。昨年宿泊したホテルグリーンプラザ軽井沢は夕食もついていて楽だったけれど、今回、行こうとしているスキー場からも少し遠いし、宿泊費が2倍なので…。例のキャリーバッグはこどもたちだけで運べる軽さで、なぜか荷物が多く何かと準備に時間のかかる主人を置いて、さっさとホテルに入って行きます。



ルートインはコーヒー(ドトール)のサービスが嬉しい。主人の実家に行く時もルートインです。今回、こどもたちの分のアメニティ(タオル、歯ブラシ、浴衣)も用意してくれていました。ありがたい。


豆乳牡丹鍋


夕ごはんは、毎度おなじみ(?)星野エリアの村民食堂へ。ここの鍋が食べたくて。宿泊費を安く上げた分、ここで贅沢(それでもおつりがくる)。わたしは、冬のジビエいのしし肉を使った「豆乳牡丹鍋」にしました。しし肉は臭みがなくて、豆乳スープが甘くておいしかったです。


星空


ホテルに戻って、わたしは最後の大仕事。こどもたちと大浴場で入浴、そして、寝かしつけ。写真は、こどもたちが寝静まった0時半頃の空(撮影:主人)。星がよく見えました。



ちなみに、こどもたちのパジャマ。持って行かなくてよかったかなと思ったのだけど、就寝前、突然こどもたちがホテルの浴衣を脱ぎ捨てて持って行ったパジャマを着ると言い出し、着替え。やっぱり必要でした…いつものがいいのかな。後編に続く。