読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やって」とギャップ修正は同時進行で…

先日の「言わないとやらない(夫)」の記事、ちょっとアレだったかな…このテの話は、妻側の主張ばかりがアレで、夫側の主張もアレなんですけど、アレしてもアレなんで…ホントもうアレがアレで…。すみません…。いろいろ反省中のそぞろです。こんにちは。


sozorog.hatenablog.com


今回は、夫側の主張ではないのだけど、実は、以前、わたしが不思議に思う主人のいくつかの行動について理由を尋ねたことがあるのでその話と、わたしが主人にとにかく「やって」と言おう!ということになった経緯みたいな話や、その後というか週末の話など…。


まず、ほんの一部ですが、わたしが不思議に思う主人の行動。

  • 休日、わたしがあくせく家事・保育していても寝てる
  • テレビつけっぱなしで部屋からいなくなる or 寝てる

どう訊いても訊かれた方は責められているような気持ちになりそうな案件なのだけど、わたしの語彙ではどうすることもできないので思い切って率直に「どうして?」と訊きました。主人の回答はというと、これ以外の行動についても…

  • 特に意味はない
  • 無意識だからわからない

結局、なんだかよくわからず…。なので、とりあえず、わたしがどういう理由でどうしてほしいのか伝えました。

  • 休日はみんなでゆっくりしたいから、早く終わるように家事・保育に参加してほしい
  • テレビがついているとこどもたちに指示が通らないから、見ていない時は消してほしい

それから、わたしに「やって」と言われてやる(やらされる)のはどうかについても主人に尋ねたところ「嫌ではない」「言われないとわからないから言って良い」そうなので、とにかく「やって」と言おう!ということになった次第です。


でも、なかなか一筋縄じゃなくて、正直、テレビつけっぱなしで戦線離脱は保育妨害行為でしかなく大変迷惑なので直ちにやめていただきたいのだけど、ダメです。もうクセみたいなものなのか…わかんない。めんどくさい。


ちょっと話もどって、主人の「無意識だからわからない」の無意識って一体何なのかと思うのだけど、主人のお母さん曰く、主人のお父さんは家では神棚の掃除もしないくらい本当に何っっにもしない人だそうで、そういう家庭で育った主人はそれこそ無意識にそういう夫、父親になってるんじゃないかと。何もしない父親の元でその姿に疑問を抱くことなくスクスク育てば、当然と言えば当然かもしれないと思ったりもするのだけど…なぜ反面教師にならなかった…!


実は、先日の記事の最後に書いた「ごはんつくって」さっそく言ってみたのだけど、「え…このところ、週末ずっとつくってるじゃん」と言われてしいまして…例えば、みんなでお昼ごはんは焼きそばと決める、わたしが材料を刻む、主人が焼く。そしたら主人の中ではもう「ごはんつくった」なのですーあわわわわわー違うぅーー。

「やって」って言うと同時に、その辺の意識のズレ?ギャップ?も少しずつ修正していく必要があると痛感した週末でした。この話は、とりあえずもうこれでおしまいー。仲良くやろー。焦らず諦めずいこー。