読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のために生きること

暮らしぶり 暮らしぶり-そぞろごと

気がつけば、平日の昼間はこどもたちが家にいないのが当たり前になって、たまにいつもいない時間帯に一緒にいると「ああ、この子がいるから生きられる」「家族がいるから生きられる」という気持ちがふつふつと湧いてきたりします。

それは、ほとんど「こどもたちがいなければ生きられない」「家族がいなければ生きられない」に等しく、もし、こどもたちが、家族が、この世のどこにもいなかったら、何のために生きるのか。

人と深く関わるのが難しくて、年にたった一度も連絡を取り合って会うような友人もない、好きなものもない、したいこともない。

こどもたちがいるから、家族がいるから、なんとなく甲斐があって料理でも片付けでもハンドメイドでもしているだけで、自分のためだけに料理なんてできないし、片づけなんて必要ないし、ハンドメイドなんて無駄です。

とてもではないけれど、自分のために生きることなんてできない(だからって、たぶん死んだりしないけれど)…なんて、これではいけないと思ったり。依存と自立の話を思い出しました。


sozorog.hatenablog.com


変わってなさ過ぎて愕然とします。