はじめての味噌づくり

週末、手前味噌を仕込みました。今回は味噌づくりの記録。


sozorog.hatenablog.com


昨年の9月、今シーズンは味噌づくりに挑戦しようと思ってると言っていたけれど、満を持して。



豆と麹と過不足なくいろいろと用意するのが大変そうだったので、こんなのを買いました。


手作り味噌セット


樽は実家から貰ってきたので、樽なし(材料のみ)。


大豆


届いたその日の晩に豆を洗って浸水し、翌日、水をかえて煮ているところ。


すり鉢


実家から貰ってきたすり鉢で煮えた豆をつぶします。同梱されていた作り方の冊子には、粗熱をとってつぶすとあったけれど、熱いうちにつぶした方がつぶしやすいはずだと思って、熱いまま…。


つぶした豆


こんな感じ?きな粉のような香りがします。


つぶした豆、麹と塩、種味噌


ボウルの中は、麹と塩を混ぜたもの。ワークトップに大きなビニール袋(作業が終わったら、ひっくり返しながらはがしてゴミ袋にする)を敷いて豆と塩と麹、種味噌を豪快に混ぜていきます。


塩と麹


混ざったかな?


味噌樽


アルコール消毒した樽に詰めました。


味噌樽と塩袋


塩をふってラップをして、内蓋(?)をして重石…は、丁度いいのがなかったので適当に塩の袋(塩は腐らないし多少こぼれても大丈夫なハズ…)をのせました。


新聞紙で蓋


新聞紙で蓋して仕込み完了。次の作業は、梅雨前の「天地返し」。カビたり腐ったりせず、無事に味噌になりますように…!