読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラ紡の食器洗い

暮らしぶり 暮らしぶり-住まい・家事

少し前に手にやさしい食器洗い探究の旅に出た(?)という話しましたが、いろいろ調べている間に「ヘチマたわし」(江戸時代くらいから使われているとか)と組み合わせて使うのもいいかもと思いついて、来年の夏は、ヘチマを育ててヘチマたわし作るぞ!なんて、もはや、”手にやさしい”もどこかいっちゃって、”好奇心を満たす”食器洗い探究に路線変更の勢いのそぞろです。こんにちは。


f:id:normcore:20160909125428j:plain


結局、「ガラ紡の食器洗い」買って使っているのだけど、天然素材で公式に(?)煮洗いできて安心だし、洗浄性も問題ないし、食器洗いに関してはガラ紡に軍配があがっちゃう感じ。お値段がアクリルたわしの70倍くらい*1とちょっと聞き捨てならないくらいお高いのを除けばね…!!

アトピーとか化学繊維がダメな人には、おすすめしたいです。

ついでに、実は、ヘチマたわしも既に買って使ってみた(好奇心、暴走気味…)のだけど、ヘチマたわしってこんな硬かったっけ?なんだろう、産地によるのかしら?とりあえず、スキレットや鉄フライパンなどの洗浄に使ってます。亀の子たわしもささらもないので丁度よかった…かな。



でも、食器洗いに限らなければ、そもそもアクリルとガラ紡は比べられるものではないような気も。それぞれ良いです。

いまは「とにかく編みたい(つくりたい)」だから、しばらく安価で手に入れやすいアクリル毛糸のたわしをメインに使っていくとになると思うけれど、いつかガラ紡糸で…という思いは少し残りました。あと、ヘチマたわしも。


www.nhk.or.jp


先日、久しぶりに「猫のしっぽ カエルの手」を見たのだけど、池田師援さんが「むかしの人がそうであったように、暮らしに必要なものを自分で作ることができる人間でありたい」というようなことを言っていて、本当にそれ。

*1:1玉50円で買ったアクリル毛糸でガラ紡の食器洗いと同じくらいの大きさのアクリルたわしを6個作ることができたので、アクリルたわし1個8.5円という計算で。