本をつくってみた

書籍出版とかではないです。6月末に「はじめて手でつくる本」という本を買いまして。



7月は針仕事に明け暮れていたように見えたかもしれませんが、密かに本づくりの準備をしていました。

何かつくる時、それもはじめての時、道具や材料をどこまで揃えるかはいつも悩むところなのだけど、今回は、たくさん余るのがわかっているのでもったいないかなと思いつつ興味本位で「寒冷紗」という本の背を補強するためのガーゼのような布を買ってみました。あとは、家にあるもので。そして、今月はじめ、はじめてつくった本がこちら。


f:id:normcore:20160803134003j:plain


およそH45mm×W40mmの小さな切手入れ。鍋帽子を作った時のハギレを表紙に貼りました。


f:id:normcore:20160803135838j:plain


トレーシングペーパーでポケットを作った折り丁です。手持ちの材料の都合で「はじめて手でつくる本」に載っている「切手入れ豆本」よりシンプルで小さくなりましたが、切手はちゃんと入ります。


f:id:normcore:20160803161231j:plain


次女がつくってるそばから気になって欲しがるので、シールを入れてあげたらとても喜んで、わたしがつくるものを、こどもたちがいつまで喜んでくれるかわかりませんが、つくる楽しみがまた増えました。


次は手帳やソフトカバーの本の改装などやってみようと思っていたのですが、切手入れも、もう一度、作ります。