読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家からお持ち帰り | 自在曲線定規ほか

暮らしぶり 暮らしぶり-そぞろごと

実家に帰っています。


実家に置きっぱなしだった自在曲線定規が針仕事の際に役立ちそうなので持って帰ろうと思って、わたしの引き出しを整理しました。


ペン、定規、コンパス


そして、これだけ持って帰ることに。定規、ペンいろいろ、祖父の形見分けで貰ったコンパス(右端)。





※ ここから先、著作権がちょっとアレなので、少ししたら削除するかもしれません画像を削除しました(8/18)。


ところで、カミングアウトという程ではないのだけど、昔は、漫画やアニメ、ゲーム(ごく限られたジャンル)が好きで、イラストレーターやキャラクターデザイナーみたいな仕事に憧れていました。

大学に入ったあたりから漫画&アニメ&ゲーム離れし始めて、今ではすっかり無縁の生活ですが、実家には、今でも画集やHOW TO本が数冊。

ご理解いただけない(世代によってはそもそも知らない?)かもしれませんが、久しぶりに見たらやっぱり感動したので、一部を紹介します。

安彦良和 結城信輝


今年2月に公開された劇場用アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」で総監督を務め、約25年ぶりにアニメ界に復帰した巨匠 安彦良和さんと、OVA「ロードス島戦記」、テレビアニメ「天空のエスカフローネ」、スーパーファミコン用ゲーム「聖剣伝説3」のキャラクターデザインを務めた結城信輝さんの美麗イラスト。

HOW TO ART


の、HOW TO。この本、当時(1994~1995年ころ)の人気イラストレーター、漫画家、アニメーターが使っていた画材やテクニック、アドバイスなどが載っています。CGなんかは、完全に今の方がすごいかもしれないけれど、プロの仕事は息をのむほどに美しい。

HOW TO ART


最近、わたしたちの世代には懐かしい(と思う)「うしおととら」や「アルスラーン戦記」がテレビアニメとして放送されているみたいですが、わたしにとってのアルスラーンは上村幸子さん×水田信子さん(となりのトトロの色指定を担当された方)です。
クリィミーマミというか、高田明美さんも懐かしい。どうだ、美しかろう。


この本、手放したいのだけど、なんだか惜しくて手放せません。欲しい人、おらんかのう…。