読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四半世紀(とちょっと)遅れのプラバンデビュー

こどもたちとプラバンデビューしました。

わたしが小学生のころ、クラスメートがまんがや何かのキャラクターをプラ板に写して焼いてキーホルダーなどにしていたのは覚えているのだけれど、そう言えば、わたし自身は一度もプラ板で遊んだことがありませんでした。

長女がお世話になっている学童的なところで事前申込制の工作の日みたいのがあって、UVレジンやプラバンをやっているを知って、懐かしくなってプラ板とポスターカラーマーカーを買ってきて、うちでやってみることにしました。


f:id:normcore:20161113175024j:plain


興味津々の次女。サクサク写していきます。


f:id:normcore:20161113175058j:plain


長女も負けじと。


f:id:normcore:20161113175117j:plain


カットして焼きました。きれいに仕上げるには何かコツが要りそうだけれど、なんか、なんかものすごい可能性を感じます。


UVレジンも(プラ板と組み合わせたりも)おもしろそうだけど、こどもたちと一緒にやるには取り扱が難しいというか怖いのと、プラバンはプラバンで奥が深そうなのとで、これからこどもたちと一緒にプラバンを小物やアクセサリーに仕立てたり、ちょっといろいろやってみたいと思います。

(白と黒、買い足そう。)