読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のぬくもりとスマイルビスケット

先日、生まれて初めて白ポールに車をぶつけたそぞろです。こんにちは。

完全に自爆(?)で車が凹んだだけでケガ人も何もなかったのだけれど、車は一歩間違えば凶器のもなりうるもの。わたしたちが暮らす地域では、同じような家族構成でも車を持たず暮らしている家庭もあるけれど、我が家にとっては必要なもの。深く反省するとともに、一層の安全運転に努めていこうと決意を改めました…。

でも、変な話なのだけど、この一件について主人は咎めることなく、修理代金はわたしの小遣いで賄いたいという申し出も受け入れてくれて、ありがたいなと思いました。いつもは断られてしまうのだけど、気持ちを尊重してもらえて嬉しかった。

きのうは、そんなこんなで車の修理の見積もりを出してもらいに行ってきたのだけれど、次女の幼稚園が夏休みに入るまでは、少なくとも幼稚園の送迎に使うので、修理は夏休みに入ったら出すことに。


愛しい家族


見積もりが終わってホッとしたのか、今朝、目を覚ました時、家族の寝息を聞いて、涙が出そうでした。みんなが起きて、ぎゅってしてもらって、元気復活。


スマイルクッキー


こどもたちとなかしましほさんのスマイルビスケットをつくって、笑顔復活。


ありがとう。家族が居るから踏ん張れる。