全卵でカスタードクリームをつくってみた

通常、カスタードクリームは卵黄で作ると思うのだけど、卵白をあまらせたくなかったので、全卵でつくってみました。


f:id:normcore:20161101110611j:plain


きのうのかぼちゃのプチシュー、クリームが足りなくてシューがあまってしまったので…。

材料

  • 卵 1個
  • 牛乳 1カップくらい
  • 砂糖 大さじ2くらい
  • 薄力粉 大さじ1くらい
  • バニラエッセンス 少々


作り方

  1. 卵と砂糖とふるった薄力粉を小鍋に入れてよく混ぜる。
  2. 牛乳を加えて火にかけ、とろみがつくまでかき混ぜながら加熱。
  3. バニラエッセンスを加えてできあがり。

たぶん電子レンジでもできると思うのだけど、何度か失敗しているので鍋で…(不器用)。

感想

ぷるんとした食感で、そのぷるんと感がいい場合もあるかもしれないけれど、通常のカスタードクリームとは少し違うかな…全体的に素朴な感じ。やっぱり卵黄の方がとろ~りなめらかでコクがあって本物感(?)があります。当たり前か…。

用途によって、また、手軽に作って食べたい時(ってどんな時だろう…わたし自身はあまりないけど…)にはいいかも。



ちなみに、余った卵白は、シフォンケーキを作ったり、中華風コーンスープに溶いて入れたり、冷凍することもできます。